ahamo

スマートフォン

NTTドコモの低価格料金プランであるahamo(アハモ)を紹介します。

ahamoは、NTTドコモが2021年3月26日よりサービスを開始した低価格料金プランです。サブブランドではありません。

オンラインでの手続きのみとし、プランを絞り込むことでコストを抑えるようにしています。NTTドコモの店頭で、3,300円(税込)と有料ですが、「ahamo WEBお申込みサポート」、「ahamo WEBお手続きサポート」を受けることができます。

メリット

料金が安い

データ容量20GB、5分かけ放題で、税込2,970円と非常に安価となっています。

かけ放題オプションが安い

5分かけ放題では足りず、バリバリ電話をされる方は、1,100円(税込)/月でかけ放題オプションを付けることが出来ます。

大盛り(80GB)が安い

テザリングでポケットWifiの代わりに使う方は、20GBで不足するかもしれません。この場合は、月額1,980円(税込)/月で80GBを追加することができます。

端末も購入できる

ahamoのサイトでも端末が販売されています。

また、ahamoのサイトでめぼしい機種がない場合、ドコモオンラインショップで販売されている端末も購入することができます。一旦「5Gギガライト」または「ギガライト2」に加入し端末を購入、その後amahoに変更することで、ドコモオンラインショップサイトで販売されている端末も購入しつつ、ahamoに加入することができます。

新規契約月の月額料金は日割計算

新規契約月の月額料金は開通日から月末の料金で日割りされます。

一方、解約の場合は、日割りになりません。利用日数にかかわらず月額料金がかかります。

ただし、解約金・手数料、SIMロック解除の費用は無料です。

着信通知サービスが無料

着信通知サービスとは、電源OFF・圏外・通話中に着信があった場合、ショートメッセージサービス(SMS)にて発信者の電話番号と着信日時が送信されてくるというサービスです。

このサービスが無料でついてきます。

このサービスがあれば、留守番電話がなくても、個人的には問題になりません。

テザリングが無料

テザリングが無料で使用できます。

デメリット

手続きがオンラインのみである

人件費を抑えて低価格を実現しているため、基本的には、すべてオンラインで手続きをする必要があります。当然SIMの入れ替えもご自身で行うことになります。

電話でのサポートもなく、チャットのみとなります。

郊外では電波が弱い

ahamoは、4G/5Gに対応していますが、3Gに対応していません。郊外では電波が弱いことがあります。

3Gのエリアは限定的なので、ほとんど問題にならないと思いますが、下記サイトでメイン生活圏の電波状況を確認することをお勧めします。

https://www.docomo.ne.jp/area/

余ったデータ容量が繰り越せない

データ通信容量は20GBですが、余ったからといって翌月に繰り越すことが出来ません。

留守番電話サービス、キャッチホンが使えない

これらが必須だという人には向きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました