Nextcloud

Webサイト制作

 昔「宅ふぁいる便」というサービスがあったが、今でもこのような無料で使用できる大容量ファイル転送サービスが存在する。実態としては、ビジネスの場面でもメールに添付できないような容量のファイルの場合、ファイルの授受のためにこの無料のサービスを利用していたりする。
 この無料サービスをビジネスで利用することは非常に危険だと思う。宅ふぁいる便なきあと、さまざまなサービスが乱立しており、どれが信頼できるサービスなのか判別できないからだ。最も、信頼できた場合でも、第三者に情報資産を預けてしまうとのいうのはいかがなものか……。
 この無料サービスは、場合によっては、中国サイバー軍が運営しているものもあるかと思う。正面切って、中国サイバー軍が運営しているなどど馬鹿正直に言うわけがないので、暴力団のフロント企業よろしく運営会社は日本のベンチャー企業を隠れ蓑としていると思う。うがった見方をすれば、この無料サービスではストレージ容量、転送量の割に広告収入が少ないと思われるので、相当数のサービスのバックには中国サイバー軍がついているのではあるまいか。
 企業側でも、危険性については認識しており、商用の大容量ファイル転送サービスを契約したり、自社で設置するところも増えている。
 大企業であれば、コストとセキュリティを天秤にかけると、コストをかけても大いにやる必要があるという結論にいたるが、私のようにSOHOの事業者にはお金がない。

 前置きが長くなったが、私のような向きに福音がある。Nextcloudだ。
 Nextcloudはオープンソースのオンラインストレージで、オンプレミスのサーバーもしくは、レンタルサーバーを契約していれば、無料で利用できることができる。
 早速、下記Webサイトを参考にして、Nextcloudを導入してみた。
ロリポップサーバーへのNextcloudのインストール方法を解説【Owncloudもいいけど・・】 (tokai-rf.com)
 私もロリポップ!を使用しているので、説明通りにやれば、下記のSSLの問題以外、簡単に設置できた。

 事業用のドメインに対して、Nextcloud用のサブドメインを作成し、そこに設置したのだが、SSL化する前に設置してしまった。このURLの変更「http://」→「https://」をどこで設定するのか分からなかった。
 仕方がないので、Nextcloudを設置したフォルダ中の「config」フォルダ内の「config.php」中のURLを「ロリポップ!FTP」のファイル編集機能で書き換えてみた。多分、これいけていると思う。
 とりあえず、今日のところはインストールまで。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました